W o r k s h o p


かんらまち 甘楽町は群馬県の南西部に位置する小さな町です。東京と軽井沢・長野を結ぶ高速上信越道が町の中心を通っているので、通過したことがある方も多いと思います。上信越道の吉井インターと富岡インターの真ん中をちょっと過ぎたあたり、高速の南の丘に工房があります。
 工房は、今は使われなくなったお蚕さんの共同飼育所です。テーブルやキャビネットの打ち合わせも、ここで材料を見ながら行うことが多いのです。
手作り 作りにこだわる訳ではありません。手作りになってしまうのです。
 甘楽木工房の家具は、ほとんどがオーダー製作です。同じ物を一度にたくさん作るには、高度な機械化が欠かせません。でも個性の強い無垢材を使って、サイズやデザインの違うものを一点一点つくるとなると、手作りのほうが向いているということなのです。もちろん機械でできることまで、手で行なう必要はありません。

デザイン ムク材の家具は、そう簡単に壊れるものではなく、長く幾世代にも渡って使いつづけることができます。ただ買った時は気に入ったデザインでも、時を経ると古臭い感じになってしまう事はよくあります。先ずデザインに飽きてしまうのです。
 シンブルで完成度の高いデザインとは何かを追求しています。また建築家と仕事をする事も多いので、家具と建物とのマッチングも大切だと考えています。
価格 誰が買うんだろうというような値札のついた家具を、時々見かけます。手作りだから、ムク材だからと言っても、そんなに高いのはどうして?と考えてしまいます。
制作直売方式にして中間の流通を省いたり、製品在庫をなるべく持たないとか、材料を原木で安く仕入れる事などで、価格もずいぶん違ってくると思います。
材料 材料にはこだわっています。基本的には、国産の原木を丸太で仕入れて、製材後天然乾燥して使います。気に入った材料を、比較的安く仕入れることができるからです。群馬県内には月に3〜4回開かれる原木市場が何箇所かあって、様々な木が県内・県外から集まってきます。ナラ、クルミ、サクラ、クリといった木が多いのですが、手持ちのストックに無いものでも注文に応じることができます。
桟積み こうやって、数年間自然乾燥します。「からっ風」の群馬ですから乾燥は速いほうですが、木の種類や板厚によって乾く時間にだいぶ違いがあり、使う前に必ず含水率計でチェックをしています。また急いで使いたいときには、人工乾燥する事もあります。
オーダー 工房で、もしくはお客様宅へ伺って打ち合わせをします。遠方の場合は電話やファックス、メールなどで行なっています。作るもののアウトラインが見えれば、まず最初に見積もりをして、それから設計、制作、納品となります。納品まで通常2〜3ヶ月みていただいてますが、お急ぎの場合は個別にご相談下さい。
納品は僕がうかがいます。ただ遠方の場合は「クロネコらくらく家財宅急便」を使って、搬入までお願いしています。
 

西川 浩 略 歴
1957年 滋賀県に生まれる
1979年 多摩美術大学卒業
1989年 美術造形の会社を退職後、品川職業専門校木工科入校
1990年 品川職業専門校卒業。神奈川県内の工房において家具製作に従事する
1992年 高岡クラフトコンペ

1994年 甘楽木工房を設立 注文家具の製作を始める
1997年 「三人展」東京 木ノ葉画廊 
1994年〜グループ展を毎年開催
2002年「木の椅子展」 東京 新宿オゾン他
2004年 くらし群馬ユニット展 高崎シティーギャラリー
2011年「旭川家具デザインコンペティション」 スツールinoが入選
2014年「佐久市・読書のための椅子展」 シングルソファが準グランプリ